nlpとはビジネスに役立つ実践的な学問です|ワンステップ上へ

筆記用具

就職する為に必要

勉強

言語聴覚士は言葉を聞く、または言葉を発する能力に、何らかの障害がある人の手助けをする仕事です。どう手助けをするのかというと、持っている専門的な知識を活用してリハビリを行ないます。リハビリをして、言葉を表現するすべを身に付けさせるのです。言葉は人間がコミュニケーションを行なうために、無くてはならない要素です。言葉に関して何らかの障害があると、日常生活を過ごす際に支障をきたします。患者が上手く日常生活をおくれるように、言語聴覚士は後押しするのです。

言語聴覚士になるためには、言語聴覚士の国家試験に合格する必要があります。言語聴覚士の国家試験は、受験資格を満たしていないと受けることができません。国家試験を受けるためには、文部科学大臣が指定する大学、または言語聴覚士養成学校を卒業する必要があります。つまり、言語聴覚士に関する学校などの教育課程をクリアしないと言語聴覚士にはなれないのです。受験資格を満たして、試験に合格して初めて、言語聴覚士への道がひらけるのです。言語聴覚士を目指す人は、まず通う学校選びから初めましょう。

言語聴覚士の養成学校では、言語聴覚士になるために必要なスキルや知識が学べます。例えば、コミュニケーションスキルも学びます。何故コミュニケーションスキルが必要なのかには理由があります。それは、正しいコミュニケーションスキルを有していないと、患者とのやり取りに支障をきたすからです。患者は言葉に障害があるので、こちら側が正しいコミュニケーションで接する必要があります。