nlpとはビジネスに役立つ実践的な学問です|ワンステップ上へ

筆記用具

仕事内容などについて

セミナー

社会福祉士は、福祉に携わる仕事です。主に福祉サービスを利用する人の相談を受けるのがメインだとされています。社会福祉士は、相談を受けるだけではなくて相談内容に関して相談者にアドバイスをします。そして、解決へ向けて活動をすることもあるのです。社会福祉に関する相談事は、レパートリーが豊富です。介護に関する相談事や医学的な相談事を受ける可能性もあります。そのため社会福祉は、福祉に関する豊富な知識が必要なのです。知識の他にも、相談者としっかりとやり取りができるコミュニケーションスキルも必要だとされています。社会福祉士の活動の場はたくさんあります。例えば新潟などの老人保健施設や市町村の役所、そして保健所などでも多数の社会福祉士が活躍しています。

社会福祉士になるためには、社会福祉士国家試験に合格することが大切です。この国家試験を有していなくても、社会福祉士の業務に就くことは可能です。業務に就けるだけで、正式に社会福祉士を名乗ることはできません。つまり活躍の場は限られてくるということなのです。社会福祉士として、幅広く活動したいのであれば国家試験の取得は外せないでしょう。
国家試験には受験資格が定められています。受験資格は、社会福祉士に関係する新潟などの学校を卒業しているということです。社会福祉士に関係する学校は、社会福祉士養成課程のある新潟などの大学や専門学校などです。社会福祉士になりたいという方は、まず自分に適した新潟などの学校探しからはじめましょう。